【Stray】ネコになろう

ネコになって街を探索するゲーム「Stray」が発売されました。
対応プラットフォームはPS4/PS5/PC(Steam)です。

発売前からネコの描写について言及されていて、ネコ好きとしては気になっていた作品の一つ。
早速プレイしたのでレビューしたいと思います。
(プレイしたのはPS5版です)

家族からはぐれ、見知らぬ世界に迷い込んだ一匹の野良猫。この長い間忘れ去られたサイバーシティから脱出するため野良猫に求められていること…それは古代から解き明かされていない謎を解明することだ。

『Stray』の舞台は細部まで緻密に描写された衰退したサイバーシティ。プレイヤーは猫となり三人称視点でネオン街や、ダークな雰囲気の裏路地を自在に歩き回り、真相を追っていく。どこか影のあるロボット達、そして危険なクリーチャーだけが存在する世界。招かざる者を寄せ付けないこの世界で、ある時は猫しかたどり着くことのできない高所へ、またある時は狭い隙間を潜り抜け、脅威から身を守り、この異世界の謎を解き明かしていく。

野良猫視点でこの世界を観察し、頭を使ってこの環境で生き残るのだ。時には忍び足で、時にはすばやく、場合によっては滑稽な動きが求められる。そして時にはうんざりするほどしつこいこの異世界の奇妙な住人たちに対処しなければならないこともある。

途中、猫は「B-12」と名乗る空飛ぶ小型ドローンと友達になる。新たに出会ったドローンとタッグを組み、助け合いながらこの異世界からの脱出を目指すのだ。

開発者はフランス南部を拠点にゲームを制作する少数精鋭のクリエイター集団BlueTwelve Studio。『Stray』は、クリエイターよりも猫の数が多いチームが手掛けたオリジナルタイトルだ。

PlayStation Storeより引用

ネコがかわいい

ネコがかわいい

ゲームをスタートするとちょっとしたムービーで物語が始まるのですが、この時のネコがすごくかわいいです。
ムービーが終わるとプレイヤーがネコを動かせるようになるんですが、ムービーのかわいいネコをそのまま動かせます。

「ネコゲー」として売り出されるものの大半がどことなくネコがかわいくなくて「ネコっぽい何か」であることが多い(個人の感想です)のですが、今作はきちんとネコのかわいらしさが表現されています。

基本的なゲームの進め方

ゲームの説明にもある通り、目的は「脱出」です。
いろいろなアイテムを使っていろいろなギミックを解いていく流れになります。

ネコなので目からビームとかは出ません。
こちらに対して攻撃の意図がある相手と遭遇したときにはネコの俊敏さで回避することになります。(一部例外あり)
つまり若干のアクションゲーム的要素も含まれています。

街の雰囲気

華やかなところがありつつも雑然としていてどこか汚い。
纏わり付くような閉塞感。
無為に過ごす日常。

そんな街が舞台です。
何となく今の世の中を映しているような感じを受けました。

プレイ時間は短め

私は隠しアイテムなどを探してあちこちウロウロしたのでプレイ時間は9時間ほどでした。
普通にプレイしたら5〜7時間でクリアできるかと思います。
ボリュームは少な目ですね。

ショッキングな表現

一部、人によっては嫌悪感を覚えるような表現があります。
無機質な雰囲気の中にいきなり命を感じさせるものが現れると言えばいいでしょうか。
個人的には「怖い」よりも「気持ち悪い」という感じです。

進めていく途中で「あれ?ちょっと雰囲気変わった?」と感じる描写があるので「なんか来るぞ!」という心構えはしていたのですが、予想を超えてきましたね。

評価

グラフィック 5.0
サウンド 5.0
操作性 4.5
ストーリー 4.0
ネコ 5.0
総合 4.5

まとめ

エンディング直前及びエンディングにおいて「あれ?」と思ってしまう描写があり微妙に謎を残した終わり方だったので「ストーリー」を4.0としました。
(すっきりさせてほしかったという思い)
でもそれを「敢えてすっきりさせずプレイヤーそれぞれの解釈に委ねた」とするならば4.5以上かなと思います。
実際、私もいろいろと考えてしまいましたしね。

前述の通り、人によっては表現に一部課題を抱えている可能性はありますがネコ好き&アドベンチャー好きの方にはぜひプレイしていただきたい作品だと思います。