【Termux】MariaDBとWordPressをインストールしてみた【Fireタブレット】

Fireタブレットに「Termux」をインストールしていろいろと遊んでおります。
当記事ではデータベースとしてMariaDBをインストールしてWordPressを動かしてみたいと思います。
(NginxとPHP及びPHP-FPMはインストールが終わっている前提です)

当記事においてはTermux上のLinux環境のことを「termux上」と表記します

FireタブレットへのTermuxのインストールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

AndroidタブレットやAndroidスマホで動く「Termux」というアプリがあります。 一言でいえばターミナルエミュレータなのですが、簡単なLinux環境も提供してくれます。 (仮想環境みたいな感じ) Androidベースの[…]

termux上でのNginx及びPHPのインストールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

Fireタブレットにインストールした「Termux」 このTermux上でNginxを動かして、Fireタブレットをwebサーバーにしてみたいと思います。 せっかくなのでPHP-FPMを介してPHPも使えるようにします。 当記事におい[…]

MariaDBのインストール

termux上で下記コマンドを実行してMariaDBをインストールします。

$ pkg install mariadb

インストールが終わったらMariaDB(サービス名はmysqldになります)を起動しておきます。

$ sv up mysqld

また必要に応じて自動起動設定をしておきます。

$ sv-enable mysqld

DBユーザーの作成

WordPress用のDBユーザーを作成します。
今回はSSH接続の際に使うユーザー名と同じにします。

MariaDBに接続します。
MariaDBではありますが、コマンドはmysqlになります。

$ mysql -u $(whoami)

MariaDBに接続が成功するとプロンプトが「MariaDB」に変わります。
その状態で下記コマンドを実行します。

use mysql;
set password for 'ユーザー名'@'localhost' = password('YOUR_PASSWORD_HERE');
flush privileges;
quit;

「ユーザー名」にはSSH接続の際に使うユーザー名、「YOUR_PASSWORD_HERE」にはMariaDBに接続する際のパスワードを入力します。

WordPress用DBの作成

WordPressで使うDBを作成します。
MariaDBに接続してプロンプトが「MariaDB」に変わったことを確認して下記コマンドを実行します。
今回は「blog」という名前のDBを作成します。

create database blog;
quit;

以上でWordPress用のDBは作成完了です。

WordPressのダウンロードと展開

WordPressをダウンロードします。
今回は最新版を使います。

$ wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz

wgetコマンドがインストールされていない場合は下記コマンドでインストールします。

$ pkg install wget

ダウンロードが終わったらファイルのあるディレクトリで下記コマンドを実行して展開しておきます。

$ tar xzvf latest-ja.tar.gz

wordpressというディレクトリが作られます。

WordPressの設定ファイルの編集

上記のwordpressディレクトリの中に設定ファイルを作成します。
同ディレクトリにある「wp-config-sample.php」というファイルを「wp-config.php」という名前でコピーして今後はこの「wp-config.php」を修正していきます。
修正箇所は下記の通りです。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define( 'DB_NAME', 'database_name_here' );

/** データベースのユーザー名 */
define( 'DB_USER', 'username_here' );

/** データベースのパスワード */
define( 'DB_PASSWORD', 'password_here' );

/** データベースのホスト名 */
define( 'DB_HOST', 'localhost' );

database_name_here、username_here、password_hereについては上記で作成したDBの情報に変更します。
DB_HOSTのlocalhostですが、そのままだとうまく接続できないようなので「127.0.0.1」に変更します。

ドキュメントルートの変更

wordpressディレクトリを適当なディレクトリに移動してNginxのドキュメントルートをそのディレクトリに変更します。
serverディレクティブの中のlocationで設定しているのでそこを修正します。

参考までに当方は下記のように修正しています。

root /data/data/com.termux/files/usr/share/nginx/wordpress;

WordPressのインストール

上記の作業が全て完了したらブラウザで以下にアクセスするとWordPressのインストール画面が表示されます。

http://{IPアドレス}:8080
インストール画面

必要事項を入力して「WordPressをインストール」をクリックするとインストールが開始されます。
インストール後、ログインするとダッシュボードが表示されます。

ダッシュボード画面

トップページはこのような感じになります。

トップページ

まとめ

termux上でも一般的なLinux環境と同じようにWordPressを動かすことができました。
注意点としては前述の通り「localhost」が使えない点くらいで動かすまでの手順もほぼ同じです。

バックアップやリストアはコマンド一つで簡単にできますので万が一動かなくしてしまっても素早く復旧させることが可能です。
ちょっとしたテスト環境としてかなり便利に使えるのではないでしょうか。

設定次第でデバイス(Fireタブレット)起動と同時にTermuxを起動しておくこともできるのでいろいろと面白い使い方ができそうです。